よくあるご質問 (Q&A)

眼瞼下垂かどうか分からないのですが?

眼瞼下垂症かどうかは、診察によっての判断となります。
眼瞼下垂かもしれないと思われたら 受診をお勧めします。

眼瞼下垂は健康保険の適用がありますか?

眼瞼下垂に関わる診察や治療などは 健康保険が適用されます。

眼瞼下垂の治療は 入院が必要ですか?

眼瞼下垂の治療は 通院のみで行います。

眼瞼下垂の治療は 痛いですか?

眼瞼下垂の治療は 局所(部分)麻酔で行います。
麻酔の際 注射の痛みを伴いますが すぐにしびれて痛みを感じなくなります。
一般論になりますが 手術後も痛みは比較的軽度で ずっと痛み止めが必要な方は ほとんどおられません。

眼瞼下垂の治療後 腫れますか?

治療後 腫れや内出血などを伴います。
1~2週間は 目立つと思った方がよいと思います。

眼瞼下垂の治療をすると二重になるのですか?

一重の方が眼瞼下垂の治療を行うと二重になります。
印象をできるだけ変えたくない場合は 奥二重のようにラインを設定します。
ただし ご希望の形の二重にするために 眼瞼下垂の治療を行うことはできないことをご理解ください。

埋没法は腫れますか? 治るのにどのくらいかかりますか?

埋没法の場合でも 腫れたり 内出血を生じたりすることがあります。
早い方の場合、3~4日で腫れが引く方もおられますが、一般には1週間程度はみておいた方がよいと思います。

片側だけすることも出来ますか?

はい 片側のみ行うことも出来ます。

埋没法は 何度も出来ないと聞きましたが 本当でしょうか?

埋没法に回数制限はありません。
ただし 糸を残したまま何度も行うと 糸によるトラブルを生じるリスクは上がると思います。

埋没法のトラブルは何ですか?

ゆるみを生じて 二重のラインがゆるくなったり 消失したりすることがあります。
また 糸の露出(糸が出てくる)感染などがあります。
これらは長時間経ってから起こることもあります。