アートメーク・タトゥー除去

アートメイク・タトゥー・入れ墨除去には 手術による治療と Qスイッチレーザーに方法がございます。

手術治療

1)切除法

タトゥー部を皮膚ごと切除し 直接縫合する方法です。
切除できる範囲は限られるので、除去予定の範囲によって、この方法を行うことが出来るかどうかか決まります。
他の方法に比べて 治療期間が短く済むことが 利点になります。

[問題点・合併症など]
・範囲によっては 全てを切除することが困難で、この方法を選択することが出来ない場合があります。
・一定の傷痕(あと)が残ります。
・傷痕によっては ケロイドや引きつれが残る場合もあります。

2)皮膚剥削術(+レーザー治療)

広範囲の入れ墨除去を行う場合 この方法を選択します。
入れ墨の範囲の皮膚を 入れ墨ごと削り取る方法です。
削り取った部位には 特殊な創傷被覆材で覆い 傷を治していきます。

[問題点・合併症など]
・傷が治るのに 時間がかかります。
・やけどの痕(あと)のような傷痕が残ります。
・全ての入れ墨を除去することが難しい場合もあります。

Qスイッチレーザー

入れ墨にレーザー照射を行い 徐々に除去する方法です。
特に 眉などのアートメイク除去の場合 この方法が適しています。
(アートメイクの材質によっては適さない場合もあります)
通常 複数回の治療が必要になります。

[問題点・合併症など]
・白・黄・赤などカラフルな入れ墨には 効果がありません。
・レーザーのみで対応が出来ない場合もあります。

アートメーク除去

  1. アートメーク・タトゥー除去

    アートメイク・タトゥー・入れ墨除去には 手術による治療と Qスイッチレーザーに方法がございます。