レーザー脱毛

医療用レーザー脱毛

脱毛の原理

脱毛は 言葉では 毛を抜くと書きますが、脱毛の目的は 毛を抜くことではなく、毛を生えなくする(永久減毛)ことにあります。
毛髪は 皮膚の中の毛乳頭や毛包と呼ばれる組織で作られ 成長します。
毛を抜いても この毛乳頭や毛包は生きていますので、毛は 再度作られます。
つまり 毛を生えなくする(永久減毛)ためには この毛乳頭や毛包組織を壊す必要があります。
毛乳頭や毛包を壊す方法として レーザーを使う方法 と を使う方法があります。

医療用レーザー脱毛について

・レーザーを希望部位に照射するだけで、照射部位の毛髪、毛乳頭や毛包組織を壊し、脱毛を行うことができます。
・広範囲をスピーディーに短時間で 脱毛を行うことが出来ます。(ワキの範囲で5分程度)
・脱毛するのに毛を伸ばしておく必要がありません。
(初回時のみ 毛の状態の確認のため 処理をしないようにお願いいたします。)
・クーリングデバイス(冷風機)により レーザー照射時の痛みが軽減しています。
・脱毛当日は 軽めのシャワー浴ですが、翌日からは通常通り 入浴して頂けます。
・部位にもよりますが 同一部位を1~2ヶ月毎に5回程度行うことで 減毛効果を得られることが多いです。
(部位により必要な回数は異なります また効果には個人差があります)

当院のレーザー機器
関西初上陸 世界初のアレキサンドライトレーザー と ヤグレーザーを同時発振できる最新のレーザー脱毛機 スプレンダーX(ルミナス社製)を導入しました。

スプレンダーXの特徴

・アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2種類の波長を同時に発振できる世界初のレーザー脱毛機です。これにより 細い毛から 毛根が深くレーザーがやや苦手にしているヒゲまで幅広く対応ができます。
・大口径(27×27ミリ)のため 少ない照射回数で済み 従来のレーザー機器に比べて より早く脱毛が可能になりました。またクーリングデバイスが付いているので 痛みも軽減されています。
・レーザーがスクエア(四角)で照射されるので 従来のレーザー脱毛機の円形と異なり 重ならずに照射が可能になりましたので 肌トラブルのリスクが軽減されます。
・排煙装置(バキューム)が内蔵されているので 照射により起こるウイルスなどの感染リスクを軽減します。
・脱毛だけでなく 肌の赤み(血管の拡張)の治療や 肌の引き締め治療なども可能です。(脱毛と同時にはできません)

医療レーザーとエステ脱毛の決定的な違い

レーザー脱毛は 厚生労働省から「医療行為である」と通達されており、医療機関でしかできない行為になっています。
エステの脱毛メニューにも似たようなものはありますが、フラッシュ脱毛や光脱毛といったネーミングで紹介されており、医療レーザーとは似て非なるものです。
永久的な脱毛を得るためには 毛根部を破壊する必要があります。
医療用のレーザーは 毛根部を破壊する目的で作られていますが、エステで使用する機器は 毛根部を破壊する脱毛は禁じられており、使用するエネルギーの照射パワーが低く 永久的な脱毛を得ることはできないのです。(もし 毛根部を破壊したら 法律に抵触します)
もちろん 医療用の脱毛機器を使用することもできません。
エステに比べて 脱毛効果や永久性を考えると 医療機関の方が優れていると考えられます。
また 医療機関の施術ですので、万が一トラブルがあったとしても 素早く適切な処置をすることができる点からも 医療機関での脱毛をお勧めします。

[問題点・合併症など]
・同一部位での複数回の治療が必要になります。
・効果には 個人差があります。また 部位によっても効果が異なることがあります。
・白髪には効果がありません。
・レーザー脱毛の合併症として、光線過敏症・毛のう炎・熱傷・色素沈着・硬毛化・増毛化などがあります。
・レーザーによるトラブルのリスクを軽減するために テストレーザー(ごく一部に照射します)をお勧めしています。
・テストレーザーは無料で行っております。

Price

脱毛 薄毛治療

  1. レーザー脱毛

  2. 絶縁針脱毛

    絶縁針という特殊な針を毛穴に挿入して 電気的に毛包・毛乳頭部を壊して 脱毛を起こす方法です。 特殊なコーティングにより 皮膚表面…

  3. 薄毛治療

  4. 当院の脱毛が選ばれる5つの理由