杉本美容形成外科

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、
眼瞼(=まぶた)が下垂(=下がった)状態を、このように呼びます。
鏡で自分の目を正面から見た時に、
瞳孔(黒目の所)にまぶたかかっている場合、眼瞼下垂の可能性があります。
また、黒目にかかっていなくても、見る時に、ついつい眉が挙がっている方も、
眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼下垂とは

こんな症状でお悩みではありませんか

眼瞼下垂によって、もともと一重(ひとえ)まぶたの方が二重(ふたえ)まぶたになったり、
二重の幅が広くなったり 等が起こる場合もあります。
片側だけに起こることもあります。

眼瞼下垂の原因

主な原因は 他に などがあります。

料金・保険適用で解決可能!

眼瞼下垂の手術は、健康保険が適用されます。
治療は、ゆるんだ筋肉を留めなおし(前転法)、
皮膚のタルミがある方は、タルミを生じた皮膚を取り除いたりします。
通院治療で、洗顔や洗髪なども翌日から可能です。
眼瞼下垂の治療は健康保険が適用になりますので、お気軽に
お問い合わせください。

ご予約お問い合わせ

杉本形成美容外科 お電話でのご相談・ご予約 0120-962-972
ご予約フォーム メールでのご相談

診療や手術について疑問がございましたら、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

選ばれる理由<杉本美容形成外科の特徴>

医師キャリア20年以上の形成外科医専門医
美容外科専門医による治療

まぶたのスペシャリストである形成外科専門医が
治療を行っております。

美容の経験・知識を応用!
まぶたの開きの改善のみでなく、整容面に配慮した手術

医師は形成外科専門医だけではなく美容外科専門医
でもあり整容面も配慮して治療を行っております。


他院からの紹介多数
まぶたの手術をされない眼科の先生から
紹介や治療を受けてトラブルになった
患者様の紹介を受けることが多いクリニックです。
他のクリニックから紹介されることは
信頼を頂いてのことですので、アフターケア含め
万全のチーム医療・治療を提供しております。

神戸大学形成外科・美容外科関連施設
神戸大学形成外科ならびに美容外科の
関連施設として連携しております。
安心して治療を受けて頂けます。


患者さんの声

治療の流れ

クリニックについて

医師プロフィール

杉本 庸(Isao Sugimoto)

経歴

平成21年 神戸大学大学院 美容医科学 特命准教授
平成24年 神戸大学附属病院 美容外科 非常勤講師

所属学会

日本形成外科学会 日本美容外科学会 日本レーザー医学会
日本美容医療協会 日本美容皮膚科学会 日本創傷外科学会

資格

医学博士
日本形成外科学会専門医
日本レーザー医学会レーザー専門医
日本美容外科学会(JASAPS)専門医、評議員

杉本 庸(Isao Sugimoto)

アクセス

〒651-0094 神戸市中央区琴ノ緒町5-4-10
TEL 0120-962-972/078-251-1141
FAX 078-241-2341
※日曜・祝日は休診
※受付は18:30まで

受付は3階になります。奥のエレベーターをご利用下さい。
駐車スペースは1台のみあります。
提携駐車場はございませんが、建物の向かい側や南側など周辺に
多数の駐車場がございます。


ご予約お問い合わせ

杉本形成美容外科 お電話でのご相談・ご予約 0120-962-972
ご予約フォーム メールでのご相談

診療や手術について疑問がございましたら、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。
ページトップ