保険診療

以下のような項目が保険診療となります。
美容外科の技術を導入・応用して、傷痕が目立たない治療を心がけています。

眼瞼下垂 (がんけんかすい)

まぶたの開きが悪い(黒目の部分がまぶたで、ふさがってきている)状態です。視野が悪くなったり、頭痛や肩こりの原因になることもあります。

眼瞼下垂保険診療特設ページ

ホクロ

単純に切除したり、炭酸ガスレーザーを用いて取り除いたり、シミ用のレーザーを用いたり、ホクロの状態に合わせて、治療法を選択します(方法によりまして、自費の場合がございます)。

ディフェリン、ベピオ、ダラシン

ニキビの治療は様々な方法があります。健康保険で認められている治療では、ディフェリン、過酸化ベンゾイル、抗生物質の組み合わせが最も推奨される方法です。

詳細はこちらをクリック

傷痕(きずあと)、ケロイド、傷のひきつれ

目立つ傷痕の治療(手術治療、保存治療)

皮膚腫瘍(皮膚のできもの)・アザ

粉瘤、石灰化上皮腫、軟線維腫など、皮膚のできもやアザ(母斑)の治療

陥没乳頭

詳細はこちらをクリック

ワキガ・多汗症

詳細はこちらをクリック

ピアストラブル

熱傷(やけど)、やけどの跡

耳の変形、耳瘻孔(じろうこう)

埋没耳(耳が埋まっている)、耳の周りに生まれつき穴がある耳瘻孔(じろうこう)などの治療

巻き爪(まきづめ)、陥入爪(かんにゅうそう)

へそ

ご予約フォーム メールでのご相談
Return to Top ▲Return to Top ▲