私達は丁寧な診察、治療説明を行うよう心がけております。
美容治療はコミュニケーションが重要です。

不安な気持ちを解消しないまま治療を受けると、
不満の残る結果を招きます。

私達は、治療のみでなく、カウンセリングにも充分な時間をかけるようにしております。

メディア出演

美容雑誌「美ST」の特集にて、当院が紹介されました

bst1302_01 bst1302_02

ドクタープロフィール

副院長:杉本 庸(Isao Sugimoto)

ceo_02

経歴

平成3年 広島大学医学部卒業。神戸大学 第二外科学教室に入局後、外科研修を経て、
平成6年 神戸大学大学院(外科学) 入学。
平成10年 神戸大学大学院 修了。医学博士を授与される。
平成10年 神戸大学 形成外科学教室に入局、同教室にて形成外科を研修し、その後日本形成外科学会専門医、レーザー専門医、日本美容外科学会専門医を取得。
平成17年 神戸大学 形成外科 臨床助手
平成21年 神戸大学大学院 美容医科学 特命准教授
平成24年 神戸大学附属病院 美容外科 非常勤講師

資格

医学博士
日本形成外科学会専門医
日本レーザー医学会レーザー専門医
日本美容外科学会(JASAPS)専門医、日本美容外科学会 評議員

所属学会

日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本レーザー医学会、日本美容医療協会、日本美容皮膚科学会、日本創傷外科学会

業績

論文

・「オバジ・ニューダーム・システム」 PEPARS. 62:27-31,2012
・「新しい埋没法-簡便且つ緩みにくい方法を求めて-」 日本美容外科学会会報 30: 198-203. 2008
・「美容目的で受けた体内注入物(ポリアクリルアミドハイドロジェル)による合併症例」 日本形成外科学会会誌.24: 799-803, 2004

他 多数

学会発表
シンポジウム

・”Non-surgical facial rejuvenation ”
第34回日本美容外科学会総会 2011.9.29-30(福岡)
・”美容皮膚医療における合併症例 ~セカンドオピニオンを中心として~ ”
第27回日本臨床皮膚科医会 2011.6.11-12(大阪)
・“Lower faceliftにおける標準術式”
第32回日本美容外科学会総会 2009.9.25-26(横浜)
・”【レーザー治療の効果と合併症】~Intense Pulsed Lightを使いこなす~”
第31回日本美容外科学会総会 2008.10.10-11(広島)
・“神戸における美容外科の現況と展望 -大学病院と開業美容外科-”
第49回日本形成外科学会総会 2006.4.12-14(岡山)

講演

・“皮膚線条(妊娠線)治療としてのabdominoplasty” 第50回日本形成外科学会総会2007.4.11-13(東京)
・“妊娠線治療としてのabdominoplasty”第29回日本美容外科学会総会 2006.10.8-9(横浜)
・“トレチノインジェルを使用したオバジ ニューダームシステム” 第28回日本美容外科学会総会 2005.10.9-10(横浜)
・“当院での埋没法-より緩みにくい方法を求めて” 第28回日本美容外科学会総会2005.10.9-10(横浜)

他 多数

院長:杉本 孝郎(Takao Sugimoto)

院長:杉本 孝郎(Takao Sugimoto)

経歴

神戸大学 医学部卒業。
神戸大学 第一外科学教室にて医学博士を授与後、東京警察病院にて形成外科を研修。
昭和42年 神戸で初の美容・形成外科クリニックを開業。
第12回 日本美容外科学会会長、日本臨床形成美容外科医会会長、日本美容外科学会理事、日本形成外科学会評議員などの要職を歴任。
また、日本では数少ないアメリカ美容形成外科学会正会員でもある。

資格

医学博士、日本美容外科学会専門医、同名誉会員、日本形成外科学会専門医、アメリカ美容形成外科学会正会員、国際美容形成外科学会正会員

所属学会

日本美容外科学会、日本形成外科学会、日本美容医療協会、アメリカ美容形成外科学会、国際美容形成外科学会、他

受賞

厚生大臣表彰2回、兵庫県知事感謝状1回

業績

・鼻尖形成術 軟骨移植術 美容外科プラクティス1. 2000. 東京
・ガミースマイルの治療法 美容外科プラクティス1. 2000. 東京
・乳房縮小術 美容外科プラクティス2. 2000. 東京

他 多数

ご予約フォーム メールでのご相談