顎・エラ・輪郭

顎(アゴ)の形成手術

プライス

口腔内から切開し、アゴの骨の上にシリコン製のインプラントを入れ、アゴの形を整える手術です。
アゴのバランスが整うと顔全体が整います。また、横顔のラインが美しくなります。
長い顎の場合には 、顎の骨を切ることで改善させることが出来ます。

エラ・輪郭(りんかく)の治療(小顔の治療)

プライス

顔が大きいと悩んでいませんか?エラが張っているとどうしてもお顔が大きく見えてしまいます。
エラ・輪郭を改善させる方法には、エラの骨を適量取る手術とボトックス(ボツリヌス毒素)注射を行う方法があります。

1)手術による方法
口腔内を切開して、下あごのエラにあたる骨を削り取る方法です。特に、骨が張っている方に向いた方法です。
口の中で手術を行いますので、傷痕が見える心配がありません。

2)ボトックス(ボツリヌス毒素)注射による方法
咬む筋肉(咬筋)が発達していて、エラが張っているように見える方に有効な方法です。注射のみでエラに当たる部位の輪郭を改善させる方法です。手軽に行うことができます。
一般に2-3回連続して治療を行ないます。

ご予約フォーム メールでのご相談
Return to Top ▲Return to Top ▲