二重切開法

切開法

上瞼を切開し、二重瞼をつくる方法で、くっきりした二重を作ることが出来ます。
瞼の余分なタルミ部分や脂肪を取ることも出来ます。
瞼が腫れぼったい方、ゆるみ・タルミが多い方、埋没法でゆるむのが心配な方にお勧めです。

当院の特徴

切開線は、短めにしております(通常、2.5cm程度)。また、皮膚の切除も、タルミ取りを行わない場合、極力避けております。これらにより、傷痕が目立ちにくく、自然なまぶたの形態を保ち、不自然さのない まぶたになると考えております。

長所

二重の後戻りがなく、余分なタルミを同時に除去できます。 また、厚ぼったい脂肪を除くことができます。

短所

埋没法に比べて、腫れや傷痕などの回復に一定の期間が必要になります。
一重(ひとえ)の状態に戻す事はできません。

目頭切開(内眥切開)・目尻切開

プライス

左右の目頭の間が広い場合に、特に有効な方法で、蒙古(もうこ)ヒダの部位を切り開いて目を大きくする方法です。
目をぱっちりさせたい場合、西洋人風に目をくっきりさせたい場合や、二重のラインを平行型にしたい場合に行います。
注意
目頭切開は、元に戻すことは出来ません。

ご予約フォーム メールでのご相談
Return to Top ▲Return to Top ▲