最新情報

新しいニキビ治療薬(ベピオ)が健康保健で承認されました。

2015/04/07 未分類

以前より、ニキビ治療薬として評価が高い過酸化ベンゾイル(ベピオ ゲル)が、ようやく、健康保険で処方可能になりました。

ベピオ ゲル(マルホ)は、抗菌作用のある薬で、通常の抗生物質と異なり、ニキビの原因菌であるアクネ菌に対して、耐性化しないという点が特徴です。

海外では、過酸化ベンゾイルは、第一選択的に用いられることも多く、ディフェリン(レチノイド)と同様、海外のニキビ治療ガイドラインでは、推奨度がAと高く評価されています。

ようやく、これで、海外と同様の治療を保険診療で行うことができ、にきびで悩んでいる方にとりまして、朗報と言えると思います。ニキビでお悩みの方は、市販薬でなく、キッチリとした治療(保険で)を受けられることをお勧めします。


ご予約フォーム メールでのご相談
Return to Top ▲Return to Top ▲